美容師について考える

独立への道のりは長い

美容師について考える

美容師が独立して自分の店を出店しようとするのは、大変な事です。そしてその経営を維持していくのはもっと大変な事です。ですからそのための準備と言うのは、早くから始めて早すぎる事はありません。むしろそういう志を掲げるのであれば、美容師を目指す段階で、自分の人生設計を描いておきたいものです。可愛くなれる美容室本気で自分の店を持ちたい、と考えている人はそのころから着々と準備をしているものです。そういう志の強い人に対して、自分のスキルが上がってきたころに、じゃあ独立でも…と言う感じで店を出す人が勝てるはずがありません。店を出してその経営を持続していくためには、資金や戦略、人材集めの他にもさまざまな事に対して大名 美容院のようにアンテナを伸ばして行く事が必要です。その期間が長く、色々な事に対応できる引き出しをたくさん持っている人こそが、成功します。一見、資金さえたくさんあれば、なんとかなる、と思われがちですが、お金で人を動かすのはそんなに簡単な事ではありません。そしてお金は必ず、使ったらなくなってしまう物です。それに対して信頼関係のある仲間や、自分が長年をかけて身に着けてきたノウハウや経験、技術は増える分とも減る事はありません。夢を描くのは、確かに今からでも遅くはありませんが、それなら一刻も早く、その夢の実現に向けて動き出したいものです。