美容師について考える

海外も視野に入れる

美容師について考える

美容師として成功を収めようとするならば、いまの時代はすでに美容業界が飽和状態にある事を意識しておかなくてはいけないでしょう。というのは、日本は豊かになり、自分のヘアスタイルやメイクに対してお金をかける事が当たり前の国になっています。日本人の単民族国家なので、髪の質も日本人であれば、さほど差がありません。同じ髪質の人に対して出来る施術やケアというのは、一通りのものでしかありませんし、誰もがお金を出せば綺麗な素対あるに仕上げてもらえるようになった今、おそらくすでにあらゆるサービスが行われ、あらゆる技術がお客さんに提供されいる、といえるでしょう。そうなってくると、その中で秀でた存在になろう、というのは至難の業です。これからは他の美容室に対抗していく、もしくは自分自身が人より前に出る事の出来る美容師になりたい、と思うならば日本とか日本人の中で納まっていては、不利だと考えられません。日本人の国民性は、アイディアを吸収し、丹念に仕事をするところにあります。下北沢 美容院のサービスは世界的に見ても優秀であるけれども、その技術がアジア系に留まっているのは、残念です。これからは世界を視野に入れて、どの様な髪質にも対応できるサービスや技術が勝負のカギになってくるかもしれません。