美容師について考える

ドイツでの美容室の例

美容師について考える

ヨーロッパ地域と言うだけで日本人が住んでいるイメージが薄いですし、アジア系の人も少ないので、なかなか日本人向けの美容室を見るけるのは苦労する国のようです。ですから多くの日本人は帰国の折に必ず美容室に行く様にしている、と言う事ですが、なかなかそれではタイミングもあわないし長期間帰れない事もしばしばですよね。現地の美容室は質が悪い、というよりは、扱ている髪の毛が日本人とはまるで違う髪質の人たちなので、、日本人の髪の毛にはパーマなどが合わない、と言う話を良く聞く様です。基本的にヨーロッパ系の人たちは猫毛の人が多いですよね。ですから日本人が現地の美容室でパーマをかけると強くかかりすぎてしまうのだ、と言う事です。ですからパーマをお願いする時には軽めにかけてくれるようにかなりお願いしておかなくてはいけないようです。言葉も難しいですから、してほしいヘアスタイルは、ドイツ語で練習して口頭お願いするよりも、なりたいヘアスタイルの写真などを持ち込んでお願いするのが一番だと言っています。もちろん日本のヘアカタログを手に入れるのは難しいですから、そういう時にはインターネットを利用して、日本の奈良 美容室などのヘアスタイルのページを印刷して持って行くと良いようですね。