美容師について考える

男女による薄毛の傾向

美容師について考える

一般的に薄毛になる傾向は、男性では遺伝的な要素が多く、女性は少ない、と言われています。ただこれは必ずしも女性は遺伝しない、と言う事ではなくて、女性はたとえ薄毛の遺伝子を引き継いだとしても、後天的に薄毛を防ぐ対策に対して効果が大きい、と言う事だと言われています。男性は遺伝子に対してさらに男性ホルモンが必要以上に強く働くため、脱毛が促進されやすい傾向にあると言われています。逆に女性は男性ホルモンが少ないので、例え薄毛になる遺伝子を持っていたとしても、それを促進するホルモンが少ないので食い止める事が可能だ、と美容室 町田 ヘアサロン カット カラー パーマ トリートメント教えてくれます。簡単に行ってしまえば、同じ遺伝子を持った男女で比較した場合、男性は努力しても効果が低いけれども、女性は努力すれば脱毛を食い止める事が出来る可能性が高い、と言う事です。以前は脱毛や薄毛で悩んでクリニックなどに通う人は男性が多かったのですが、最近では女性も増えてきた、と言われています。これは実際に女性の薄毛の人の割合が増えた、と言う事よりも、薄毛や脱毛に対する対策に積極的である女性が増えてきた、と言う事の様です。それだけ実際に対策をすれば効果がある、という事が浸透しているからではないか、と言われているようです。